Pocket

秋バテに要注意!

お天気がめまぐるしく変化する秋ですが、夏の猛暑疲れが出るのもこの時期。
切り替えがスムーズにいかなければ、色々な不調が現れます。それだけに体もストレスを受けやすいのです。

夏バテは、はっきりとした痛みを伴うわけでもなく、寝込んだりするほどの重大な症状が出ることも少ないため、何となく体調が優れなくても、特別な対策をとることのないまま、自然に体力が回復するのを待つ方がほとんどのようです。

しかし、夏バテしている体に初秋の不安定な気候が重なると、体力回復どころか、余計に体調を崩してしまう人も多く見られます。これを秋バテと言います。

秋

秋に出やすい症状は?

秋は自律神経が乱れやすいのをご存じでしょうか。
自律神経は心身のバランスをとるために、交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えを行いますが、
秋は朝晩の気温の寒暖差のせいで、この切り替えがスムーズにいかなくなり、神経が乱れやすい時季なのです。

■肩コリ、頭痛
自律神経のバランスが崩れ、首や肩の筋肉が緊張し、肩こりが悪化しやすくなります。
また肩コリが原因で頭痛が起きる事もあります。

■疲れ、眠気、だるさ
夏場に溜まった疲れが、過ごしやすくなった秋に出てきます。
1日の気温の変動が激しくなったり、毎日の気温の変化が多い事で自律神経のバランスが乱れ、
日中眠くなったり、やる気が起きない事があります。

■食欲不振、消化不良
夏の暴飲暴食で胃腸がうまく働かなくなります。
また、美味しい物に囲まれる秋は、食べ過ぎてしまう傾向にあります。便秘と下痢の原因にもなります。

秋バテの原因は?

気温が急激に下がっているのに、夏の生活習慣から抜け出せていないということが大きいようです。
夏場の冷房で身体を冷やす『冷房冷え』により、自律神経が乱れ、さらに冷たい物を摂りすぎたことによって起こる『内臓冷え』が増加。胃腸が冷える事で全身の冷えで血行不良となり、『夏バテ』が長期化、深刻化した結果、秋になって疲れやだるさなどが続きます。

内臓冷えとは・・・

夏の暑さから冷たい物を摂り続けた為、胃腸が冷えて、機能が低下してしまいます。
そして全身の血の巡りが悪くなり、疲れやだるさ、冷たい物の摂取で内臓が冷え、胃腸の働きが不調になります。
また、腰痛や足の冷え、むくみの要因にもなります。

冷房冷えとは・・・

冷房の効いた室内で過ごす時間が多かった人は、冷房で身体が冷えてしまい、外に出た時に外気温との差に適用しようと、
自律神経が過剰に働き、全身の血の巡りが悪くなり、疲れや身体のだるさ、肩こりなどが出てきます。
更に日頃のストレスが加わり、血巡りが悪くなり、深刻化される事も考えられます。

■気温の変化
秋は朝晩の気温の寒暖差があり、体調を崩しやすいのです。

■冷たい飲食物の摂取
特に初秋は夏気分が抜けきれず、肌寒い日でも冷えたビールや飲み物を飲む、夜も薄着のままで歩く、
入浴をシャワーだけで済ませる…など、夏と同じような生活習慣を続けてしまうと、疲れが出やすくなってしまいます。

■冷房による血行不良
冷房の効いた室内で長時間過ごすと体温調節がうまくいかず、自律神経のバランスが崩れがちになります。

今からでも遅くない!元気に秋を過ごす5つのポイントをご紹介します!

①入浴

暑い夏は、簡単にシャワーのみで済ませてしまいがちですが、一日の疲れをとり、リラックスして眠りにつきやすくするためには、
約37~39℃のお湯での入浴(半身浴)がおすすめです。夜、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かることで、副交感神経が優位になり、体が睡眠モードに切り替わります。
また、冷房などによって冷えてしまった体を温め、体力の回復、胃腸の回復を助けてくれます。

②冷房

まだまだ冷房の出番が多いこの季節。一般的に、外気との温度差は5℃以内が望ましいとされていますが、オフィスなどでは、誰もが快適な温度設定にすることはほぼ不可能です。
自分の体調に合わせて温度調節できる服装(カーディガンなど)や、ひざ掛け、靴下、腹巻きなどを準備しましょう。特に、お腹まわりや下半身の保温は大切です。

③運動

冷房の効いた室内にばかりいたり、気候が涼しくなってくると、汗をかかなくなり、血行が悪くなってしまいます。すると、体内に疲労物質が溜まり、疲れやすくなります。
炎天下での激しい運動には注意が必要ですが、朝夕の涼しい時間帯を選んでウォーキングや軽い運動をし、適度に汗をかくようにしましょう。もちろん、そのときには水分補給もお忘れなく・・・。

④睡眠

朝一番に太陽の光を浴びることで、夜、眠りにつきやすくなるため、朝の散歩やウォーキングは特におすすめです。
夜は、ゆっくりお風呂に入って心と体をリラックスさせてあげると、質の良い睡眠ができます。
また、日中は暑くても、夜や明け方は気温が下がりますので、長袖のパジャマや腹巻き、厚めの布団を用意しましょう。

⑤身体をほぐす

初秋は、季節の変わり目で自律神経も乱れやすく、よく眠れない、寝つきが悪いという人も多いのではないでしょうか。
身体をほぐして自律神経を整えてあげたり、血行循環を良くしてあげると効果的です。


 

口コミサイト「エキテン」でのクチコミランキングも2012年9月より継続して1位!

 

 


肩こり・腰痛・むくみ・身体の疲れ・足のむくみなどでお悩みの方、
是非ともご来店ください。
骨盤調整も行っております。


 

リラクゼーションサロン Breath

エキテンクチコミバナー


■ 門前仲町店

〒135-0048
東京都江東区門前仲町1丁目5-6 菅野ビル2階
TEL: 03-3641-8018(予約優先)
※エレベーターをご利用下さい。
東京メトロ東西線/都営大江戸線
門前仲町駅4番出口より左へ徒歩1分

クーポン


■ 人形町店

〒103-0013
中央区日本橋人形町1-18-8 第二篠原ビル4階
TEL: 03-6231-0074(予約優先)

※1階、松屋になります。階段上がり2階からエレベーターで、4階までお越しください。
・東京メトロ 日比谷線 人形町A2出口より左へ徒歩30秒。
・都営浅草線/東京メトロ日比谷線人形町駅
A6出口エレベーター出て、左折。1つ目の角を左に曲がり、人形町通りを右へ。

クーポン