暑い夜でもぐっすり快眠!

Pocket

快眠とはどのような状態なのでしょう。

眠りにはノンレム睡眠とレム睡眠があります。
ノンレム睡眠は入眠後すぐに訪れ、ほとんど夢は見ず、体が深く眠りへ落ちていく状態です。
レム睡眠中は、眠りが浅いので、夢を見ます。ということは、脳が睡眠中も活動しているのです。

睡眠時間が長くてもレム睡眠の割合が多いと、起床してもだるさが残り、スッキリしません。ノンレム睡眠とレム睡眠がバランスよく交互に訪れる睡眠状態が快眠といえます。

快眠

快適な睡眠には気温・湿度が大切!

高温多湿な環境ではうまく入眠できず、レム睡眠の割合が多くなってしまいます。
裸で寝る場合、睡眠に理想的な温度は29℃・湿度は50%と言われています。
眠りについてから徐々に体温が下がっていくのですが、実は体温が徐々に下がるという事が、理想の睡眠のカギなのです。

うまく体温を下げるためのポイント

①睡眠の2~3時間前にエアコンをつけておく

エアコンを付けると、部屋の空気はすぐに冷えますが、消すと今度は暑くて眠れない。実は壁や家具が熱を蓄積しており、すぐに部屋の空気も暖められてしまうのです。ですから、眠る2~3時間前にエアコンをつけて、空気だけではなく壁や家具、部屋全体を冷やす事が必要なのです。

②扇風機を利用する

高温多湿の環境では扇風機を使い、汗を揮発させることが大切です。
足元から扇風機で風を送ると、体温が下がりやすくなり、夜中目覚める回数も減ります。
しかし、体を冷やしすぎてしまわないように、体に直接風を当てない工夫をして、上手に使ってください。

③冷却枕を使う

直接頭を乗せると冷たすぎるのでタオルに包むなどして調整をすると、10分も早く入眠できたというデータが出ています。
日中は直射日光が入らないようにカーテンを閉めておくなど、、日中の熱が部屋にこもらないように対策することも、重要ですね。

上手に対策して、熱帯夜の夜を乗り越えましょう!

 


肩こり・腰痛・むくみ・身体の疲れ・足のむくみなどでお悩みの方、
是非ともご来店ください。
骨盤調整も行っております。


 

リラクゼーションサロン Breath

エキテンクチコミバナー

 


■ 門前仲町店

〒135-0048
東京都江東区門前仲町1丁目5-6 菅野ビル2階
TEL: 03-3641-8018(予約優先)
※エレベーターをご利用下さい。
東京メトロ東西線/都営大江戸線
門前仲町駅4番出口より左へ徒歩1分

クーポン


■ 人形町店

〒103-0013
中央区日本橋人形町1-18-8 第二篠原ビル4階
TEL: 03-6231-0074(予約優先)

※1階、松屋になります。階段上がり2階からエレベーターで、4階までお越しください。
・東京メトロ 日比谷線 人形町A2出口より左へ徒歩30秒。
・都営浅草線/東京メトロ日比谷線人形町駅
A6出口エレベーター出て、左折。1つ目の角を左に曲がり、人形町通りを右へ。

クーポン


Follow me!