健康について016 足トラブル ヒール痛

Pocket

足トラブル ヒール痛

ハイヒールを履いていると、親指の関節が曲がってしまう外反母趾のリスクだけでなく、

「中足骨痛症」と呼ばれる足先の痛みも起こりやすくなります。

足の甲を手で触ってみると、それぞれ足の指へと繋がる

5本の指を見つけられると思います。

これが中足骨と呼ばれる骨で、その骨の頭、指の付け根の大きな関節が

痛んでしまう中足骨骨頭にあたります。

立ち姿は踵、足の親指の付け根の骨頭、小指の付け根の骨頭の3点と、

その間の弓なりになったアーチと呼ばれる構造が、足を支えています。

ハイヒールは特に前足部、足の爪先へと体重がかかりやすく、

姿勢の変化による前足部への体重の集中などで開帳足が起こり、

足の横のアーチが無効になってしまいます。

こうなると、荷重がかからなかった足の部分にまで体重がかかるようになり、

足の変形が起きてしまいます。そして変形がひどくなり、

痛みを伴うようになるのが「中足骨痛症」と言われるヒール痛です。

なるべくハイヒールを履かないようにするのがベストなのですが、

脚がスラっと綺麗に見えるので履きたいですよね…。

でもまずは、ハイヒールは歩くための“実用的な靴ではない”

ということを理解しましょう。

ハイヒールを長時間履き続けないように、通勤時や勤務中はヒールのないフラットな靴や

パンプスを履いて、アフターファイブの時だけハイヒールを履くというように、

場所や目的に応じて使い分けましょう。

また、出来ればヒールが低くて太く、十分な幅のある靴を選びましょう。

歩き方もはじめに踵が着くように小股で歩き、足に負担を掛けないようにしましょう。

そして、お家に帰ってハイヒールを脱いだらすぐに足指の間を広げて、

ふくらはぎ・踵・脚の筋肉のストレッチをしてあげましょう!

先細のハイヒールを履いてるとつま先の血行が悪くなり、

筋肉も腱も縮こまってしまいます。

むくみやコリ、冷え性の原因にもなりますので、1日の終わりはほぐしてあげてください。

 

 


肩こり・腰痛・むくみ・身体の疲れ・足のむくみなどでお悩みの方、是非ともご来店ください。
骨盤調整も行っております。


 

リラクゼーションサロン Breath

エキテンクチコミバナー

 


■ 門前仲町店

〒135-0048
東京都江東区門前仲町1丁目5-6 菅野ビル2階
TEL: 03-3641-8018(予約優先)
※エレベーターをご利用下さい。
東京メトロ東西線/都営大江戸線
門前仲町駅4番出口より左へ徒歩1分

クーポン


■ 人形町店

〒103-0013
中央区日本橋人形町1-18-8 第二篠原ビル4階
TEL: 03-6231-0074(予約優先)

※1階、松屋になります。階段上がり2階からエレベーターで、4階までお越しください。
・東京メトロ 日比谷線 人形町A2出口より左へ徒歩30秒。
・都営浅草線/東京メトロ日比谷線人形町駅
A6出口エレベーター出て、左折。1つ目の角を左に曲がり、人形町通りを右へ。

クーポン


Follow me!